血糖が気になる

  • HOME
  • 血糖が気になる

糖尿病は血中に糖分が多いため、血液粘度が高く血液循環障害が起こりやすくなります。それが動脈硬化につながり、合併症を引き起こします。
合併症には、糖尿病性網膜症(失明原因の半分を占める)や糖尿病性腎症・脳卒中・心筋梗塞・神経障害・皮膚病など、多くの重大な疾患があります。

規則正しい生活と適度な運動・食養生と漢方薬の4本柱で、ストレス過多や肥満、高脂血症、高血糖、高血圧という、メタボリック症候群の状態を改善することが必要です。

糖尿病の養生法

八分は医者いらず、腹六分に病なし。和食中心、温野菜、肉より魚、海草・豆類を忘れずに、温かいものを良くかんで食べましょう。

血流を良くし、ホルモンバランスを良くするビタミンEやカルシウムも補うと良いです。

ミネラルやポリフェノール豊富な黒糖きび酢や含蜜黒糖・黒糖シロップを使って白砂糖はやめましょう。
食べすぎを防ぐことが、胃腸を守り、免疫力を高めます。

低体温35度台は免疫低下、うつやアレルギーなどの自律神経失調症状が多発します。冷たい食べ物・飲み物を控えることがとても大切です。また、適度な運動は基礎代謝を上げ、体温を適正に保ちます。

お風呂は毎日ぬるめの湯にゆっくりはいったり、温冷浴で自律神経を鍛えましょう。
せっけんは弱酸性をえらびましょう。入浴後にバージンオイルや馬油で保護します。

緊張しすぎも、だらけすぎも、自律神経のバランスを乱し、免疫力が低下します。規則正しい生活習慣が大切です。夜10時から午前2時までは、自律神経安定・免疫力アップのゴールデンタイムです。11時までに就寝できると良いです。

糖尿病の症状 1

★のどの渇きが激しい。渇きが止まらない。
★お茶または水をよく飲む。
★排尿の量・回数が多い。
★いくら食べてもすぐおなかがすく。
★食後、眠くなる。
★食べても痩せる。
★全身がだるく、疲れやすい。
★下半身(特に陰部)がかゆい。
★目がかすむ(視力障害)。
★足がつる(ケイレンしやすい)
★物覚えが悪い
★集中できない。
★尿に糖が出る。ただし
・高齢者の場合には、糖尿病にかかっていても、尿に糖が出ない場合がある。
・無症状のことも多い…空腹時の検査では尿に糖が出ないことも多い
★立ちくらみ。
★手足がしびれる(などの知覚障害)→糖尿病神経障害
★肥満
★インポテンツ(性欲減退)
★月経異常
★歯の病気
★こむら返り
★中年太りで、後頭部~うなじにかけて、繰り返し「湿疹」「毛嚢炎」ができる。
★暑くもないのに汗をかく(発汗異常)。
★便秘と下痢を繰り返す。
「むずむず脚症候群」

糖尿病の予防と治療の鍵

  1. ストレス解消
  2. 高脂血症の改善
  3. 血液浄化・血流改善
  4. 代謝の促進・適度な運動
  5. 肥満改善

松寿仙(しょうじゅせん) 第3類医薬品

松寿仙(しょうじゅせん) 第3類医薬品

効能・効果:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

松寿仙(しょうじゅせん)は、自然の原料であるクマザサ葉・赤松・朝鮮人参から抽出した有効成分により虚弱体質、胃腸虚弱の方および病中病後、食欲不振、肉体疲労の時に優れた効果を表わす滋養強壮保健薬です。松寿仙(しょうじゅせん)は、作用がとてもおだやかな自然薬です.

冠元顆粒(かんげんかりゅう) 第2類医薬品

冠元顆粒(かんげんかりゅう) 第2類医薬品

効能・効果:中年以降または高血圧傾向のある人の次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸

中年以降の方、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸といった症状があらわれます。中国の漢方医学ではこのような状態にある人を「お血症(おけつしょう)」といい、血行を改善するために用いられるのが「活血化お」という方法です。冠元顆粒は丹参をはじめ、せんきゅう,芍薬,紅花,木香,香附子の生薬を原料として作られた中国の薬です。

双料杞菊地黄丸(そうりょうこぎくじおうがん) 第2類医薬品

双料杞菊地黄丸(そうりょうこぎくじおうがん) 第2類医薬品

効能・効果:疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少し、または多尿で、ときに口渇がある人の次の諸症:かすみ目、疲れ目、のぼせ、頭痛、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ

本品は、六味地黄丸に枸杞子と菊花が加えられた処方です。

< 健 康 食 品 >

バランスターWZ (栄養補助食品)

バランスターWZ 健康食品

糖尿病にかかると、すい臓中の亜鉛が激減することが知られています。
糖尿病にはインスリンを作るために不可欠なミネラル・亜鉛の補給が最も大切です。

  • バランスターWZは、従来の製法特許、物質特許に加え、W抽出法による亜鉛含有量1500ppmなどに成功。
  • W抽出新製法およびFC物質特許(特許 第3267962号)による、21世紀生まれのかき肉エキスです。
  • W抽出製法とは、人にとって最も安全、有効な従来の牡蠣肉エキス製法特許に加え、牡蠣の栄養をさらにバランスよく、徹底抽出する画期的な方法です。(特許取得済み)
  • 亜鉛含有量1500ppm(バランスターZ比2.8倍)を可能にしたのも、リチウム、銅、マンガン、マグネシウムの同時強化抽出も、世界で初めてのW抽出製法によるものなのです。

黒糖きび酢 <醸造酢>

黒糖きび酢 <健康食品>

200年前からある「きび酢」は「かけろま島」でしか自然発酵が完全に起こりません。
平成18年10月、押切もえさんがテレビで「かけろま島のきび酢」を紹介してから奄美・沖縄の各島々できび酢が作られるようになりました。(歴史的には、ここ12年位です。)
元祖きび酢は今でもかけろま島でしかできません。
島民には古くより伝わり健康・長寿の源として飲まれています。

高血圧・糖尿病やメタボリックに悩んでいる方にも愛用され利尿作用もあり、日頃の生活の一部として愛飲されています。
200年前のきび酢に近づける為に2年間熟成させたきび酢に黒糖を若干入れてあります。(くろずに比べてまろやかで飲みやすいですよ。)

<薬局薬店専売品>

お問い合わせ

TEL 099-222-5072

FAX 099-223-9380

営業時間 平日・土曜日 9:00~19:00
日曜日・祝日 10:00~19:00

定休日 お盆・お正月