赤シソ梅きび酢を作って食中毒・夏バテ予防に!!

  • HOME
  • 赤シソ梅きび酢を作って食中毒・夏バテ予防に!!

「赤シソ梅きび酢」を作って食中毒・夏バテ予防に使って下さい。

梅の成分クエン酸は疲労回復・殺菌力・エネルギー代謝を活発にします。

赤シソはビタミンCやポリフェノールが多く水に溶けにくいが「酢」には溶ける。

きび酢は抗酸化力が強く13種類のポリフェノールを含有しています。

<赤シソ梅きび酢の作り方>

材料は青梅 1kg きび酢700ml×2本 赤シソ葉30枚以上

   広口ビン(3リットル用)

青梅は一晩水に漬けアクを抜きヘタをとります。

乾いたふきんで1個ずつ水気を摂り、表面を軽く剣山又は包丁でキズつけます。

ビンの中に青梅ときび酢を入れ冷暗所で一ヶ月保管

赤シソが育ってきたら葉のみ摘み取りよく水洗いしザルに上げ水気をしっかり取って下さい。

(水気が残っているとカビが発生します。)

梅きび酢の中に赤シソの葉を半分にちぎって入れ一週間位で赤シソの葉を取り出して終了です。

出来上がりは赤ワインみたいでハチミツと水で割るとすごく美味しいです。

夏場は「きび酢経口補水塩液」に使って戴くと体の為に一石二鳥にも三鳥にもなります。

 

お問い合わせ

TEL 099-222-5072

FAX 099-223-9380

営業時間 平日・土曜日 9:00~19:00
日曜日・祝日 10:00~19:00

定休日 お盆・お正月