いづろ電停前 漢方のオリーブ堂薬局

漢方のオリーブ堂薬局 鹿児島のいづろ電停前でしあわせ漢方・中医薬相談を行っております。

女性のための漢方

 

漢方健康相談

 

血液サラサラ免疫アップ

 

アンチエイジングと痛み改善

 

漢方のオリーブ堂の紹介

 

黒糖・きび酢

お客様の声

商品カテゴリ

タンポポ茶(ショウキT1)ショウキT1(たんぽぽ茶)
HOME»  取扱い商品

取扱い商品

漢方のオリーブ堂薬局の漢方薬・中医薬の紹介

赤松葉・熊笹・朝鮮人参のパワーの結集「松寿仙」(しょうじゅせん)   第3類医薬品

 

効能効果:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

松寿仙(しょうじゅせん)【医薬品】は、自然の原料であるクマザサ葉・赤松・朝鮮人参から抽出した有効成分により虚弱体質、胃腸虚弱の方及び病中病後、食欲不振、肉体疲労の時に優れた効果を表わす滋養強壮保健薬です。松寿仙(しょうじゅせん)は、作用がとてもおだやかな自然薬です。

 

冠元顆粒(かんげんかりゅう)   第2類医薬品

冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 

中年以降または高血圧傾向のある方の次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸

「冠元顆粒」は丹参、コウカなど6種類の植物性生薬から抽出したエキスを顆粒としたもので、中年以降または高血圧傾向のある方の頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸の改善を目的としております。

 

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)   第2類医薬品

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

 

更年期障害による次の疾患:頭痛、肩こり、貧血、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え性

「婦宝当帰膠」は、トウキを始め、センキュウ、オウギなどを加えた処方でこれら9種類の生薬を原料とするシロップ剤です。

 

天王補心丹(てんのうほしんたん)   第2類医薬品

天王補心丹(てんのうほしんたん)

 

体質虚弱な方の次の諸症:不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘

「天王補心丹」はジオウ、天門冬などの11種類の植物性生薬から構成され、これらの生薬を粉末にし丸剤としたものです。

 

勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)    第2類医薬品

勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

 

飲食や暑さや湿気による全身倦怠・胃腸機能失調または食欲不振・下痢などの、胃腸症状を伴う風邪に効果的です。13種類の生薬からなるエキス顆粒剤です。

【医薬品です】 効能・効果:夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠

 

独歩顆粒(どっぽかりゅう)   第2類医薬品

doppokaryu

 

疲れやすく、下肢が冷えやすい方の次の諸症:腰痛、関節痛、下肢のしびれ・痛み

「独歩丸」は、トウドッカツ、桑寄生をはじめ16種類の植物性生薬から抽出したエキスを丸剤としたものです。

 

中薬杞菊地黄丸(ちゅうやくこぎくじおうがん)   第2類医薬品

 

効能・効果:体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇があるものの次の諸症:かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下

「口が渇いて疲れやすい」、「顔と手足だけがほてる」、「尿が出にくい」、「頻尿」などの年齢と共に現れる症状のある方の「目の疲れ」や「かすんで見えにくい」といった目の症状の回復を促します。 ◯生薬粉末を生かしたお薬です。 ◯お薬の味が広がらない飲みやすい大きさの丸剤です。

 

天津感冒片(てんしんかんぼうへん)   第2類医薬品

天津感冒片(てんしんかんぼうへん)

 

かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛

「天津感冒片」はレンギョウ、金銀花、羚羊角など植物・動物10種類の生薬から構成されております。これらの原材料より抽出したエキスを錠剤としたものです。

 

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)(じめいがん)   第2類医薬品

ジメイ丸(中国名:耳鳴丸)(じめいがん)

 

貧血性の耳鳴、腰痛、四肢及び腰の脱力感

ジメイ丸は、中国名を耳鳴丸といい、その名の示す通り、特に貧血性の耳鳴りの治療薬として優れた効き目があります。漢方処方の六味丸にサイコ(柴胡)とジセキ(磁石)を加えた処方です。

 

鼻淵丸(びえんがん)   第2類医薬品

 

効能・効果:蓄のう症、鼻づまり、鼻炎

蓄のう症、鼻づまり、鼻炎を改善する薬です。鼻汁の排出を促進する作用、鼻内の通気を改善する作用、炎症をとり、化膿性の症状を改善する作用があります。

 

参馬補腎丸(じんばほじんがん)    第2類医薬品

 

効能・効果:次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症

13種類の動物性・植物性生薬を配合し丸剤としたもので、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症の場合の滋養強壮を目的としております。

 

妙泉 牛黄清心元 (みょうせん ごおうせいしんげん)    第2類医薬品

 

清心元(せいしんげん)、牛黄清心元(ごおうせいしんげん)はその原方(基本処方)が中国や韓国の古典に収載されており、古くから血液循環器系の改善を目的として用いられてきました。高血圧に伴う症状は、人それぞれに異なり、どうき、手足のしびれ、肩のこり、のぼせ、耳なり、めまい、頭重感など一つの症状のみでなく、複数の症状を同時に訴えることがあります。牛黄清心元は、これらの症状に用いてすぐれた効果をあらわします。

 

華陀膏(かだこう)  第2類医薬品

華陀膏(かだこう)

 

効能・効果:みずむし、いんきんたむし

みずむし、いんきんたむしの薬で、ワセリンを基剤にし、蝋梅油などで構成された軟膏です。

 

心脾顆粒(しんぴかりゅう)    第2類医薬品

sinpikaryu

 

効能・効果:10種類の植物性の生薬を原料として製剤化したもので貧血、不眠、健忘の改善を目的としております。 

 

頂調顆粒(ちょうちょうかりゅう)    第2類医薬品

頂調顆粒(ちょうちょうかりゅう)

 

かぜ、血の道症、頭痛

「頂調顆粒」はビャクシ、センキュウ、キョウカツを始め9種類の植物性生薬から構成され、これらの生薬から抽出したエキスを顆粒としたものです。

 

漢方のオリーブ堂薬局の健康食品の紹介

イーパオ【益宝】(いーぱお)

イーパオ【益宝】(いーぱお)

 

中国で愛されている意外な健康食品がアリ。あの小さな体で自分よりはるかに大きい物を運んでしまうアリのパワーに、中国の人々は古来から注目していたのです。食品としてのアリの最大の特徴は、カルシウム、鉄、マンガン、亜鉛、マグネシウムなどの人体に必要な微量元素類(ミネラル類)をはじめ、アミノ酸、蛋白質などがバランス良く含まれていること。「益宝(イーパオ)」は、食用蟻に加え、日本人の体質に合わせてハトムギ、葛などの植物成分を配合した理想的な食品です。

 

昌三仙(しょうさんせん)

 

「晶三仙」は山楂子、麦芽および植物性発酵物を原料としています。この3つは中国の伝統的な組み合わせで、食事の前後によく摂られています。「晶三仙」は山楂子の爽やかな酸味を楽しめます。

 

紅豆杉 お茶タイプ(赤)&粒タイプ(青)

 

雲南紅豆杉は、世界で最も磁場の良い所として有名な秘境地、中国南方の雲南省など限られた地域の、植物生息限界海抜をはるかに超えた、主に海抜3300m~4100m付近に原生林のまま群生しています。
日本の富士山の頂上より高いところにも自生しているわけですから、まさに驚きです。

世界の樹木中、最も海抜が高い所に生息しているだけでなく、高山植物としては異例の、平均樹高21m、平均幹周5.6m、平均樹齢3000年(中国科学院調査)という極めて生命力の強い樹木です。
樹齢3000年という長寿に敬意を表し、人間の99歳の白寿にちなんで「白豆杉」という別名が生まれました。

 

田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)

田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)

 

田七人参は、別名:三七人参・田三七とも呼ばれ、ウコギ科に属する植物の根です。中国南方の海抜1,200~1,800メートルの限られた地域でしかとれないため、かつては「門外不出」の特産品でした。昔の中国では特権階級の人々しかその恩恵にあずかれず、ゆえに田七人参は、金にも換えられない貴重品として「金不換」という別名も冠されています。中国では家族の健康を考えて、料理に田七人参を加える主婦もいるとか。中国で古くから愛用されている健康茶です。

 

バランスターWZ


バランスターWZ

 

“牡蠣”からの亜鉛(天然有機亜鉛)を抽出。
牡蠣肉エキスの抽出液の中には亜鉛の他に、カルシウムや鉄などのミネラルの他に8種類の天然ビタミン、グリコーゲン、タウリンや豊富なアミノ酸もバランス良く含有されています。

 

タンポポ茶(ショウキT-1)


タンポポ茶(ショウキT1)

 

 子宝カウンセラーの会

大阪大学医学博士邵輝先生はタンポポの葉から希少糖T-1のみを抽出することに成功し、
食用蟻、ハトムギ、緑茶を配合してタンポポ茶ショウキT-1を作りました。

 タンポポで体内浄化

 妊娠しやすい体作り

 タンポポエキスには有効成分である「糖鎖」をふんだんに含んでいます。

 

黒糖きび酢  <薬局薬店 専売品>


 

朝・夕食前の「どんぶり野菜と黒糖きび酢」でダイエット

 

200年前からある「きび酢」は「かけろま島」でしか自然発酵が完全に起こりません。
平成18年10月、押切もえさんがテレビで「かけろま島のきび酢」を紹介してから奄美・沖縄の各島々できび酢が作られるようになりました。(歴史的には、ここ12年位です。)
元祖きび酢は今でもかけろま島でしかできません。
島民には古くより伝わり健康・長寿の源として飲まれています。
高血圧・糖尿病やメタボリックに悩んでいる方にも愛用され利尿作用もあり、日頃の生活の一部として愛飲されています。
200年前のきび酢に近づける為に2年間熟成させたきび酢に黒糖を若干入れてあります。(くろずに比べてまろやかで飲みやすいですよ。)

 

気軽に お問い合わせください。