いづろ電停前 漢方のオリーブ堂薬局

漢方のオリーブ堂薬局 鹿児島のいづろ電停前でしあわせ漢方・中医薬相談を行っております。

女性のための漢方

 

漢方健康相談

 

血液サラサラ免疫アップ

 

アンチエイジングと痛み改善

 

漢方のオリーブ堂の紹介

 

黒糖・きび酢

お客様の声

商品カテゴリ

タンポポ茶(ショウキT1)ショウキT1(たんぽぽ茶)
HOME»  痔

痔の種類には切れ痔・いぼ痔・穴痔(痔ろう)・脱肛などがあります。生活習慣の改善や漢方療法での痔の対処法をご紹介します。
痔は便秘・肝臓・胃腸の働きと密接に関係があります。また、貧血や冷え性・血行不良・運動不足・疲労・食生活などに左右されます。
また、妊娠、出産の際に痔になる女性も多くおられます。筋肉の弱りも大いに関係があるのです。

 

なぜ、痔になるの?

1、便秘が続く
便秘が続くといきんだり、いざ便が出ても硬かったりして肛門を傷つけます。
2、下痢を繰り返す
下痢で何度もトイレに行くことで肛門に過度の刺激を与え、傷つけます。
3、いきむくせがある
強くいきむことで、肛門を傷つけます。
4、長時間座る
長時間座ったままや冷えている時は、お尻の周りがうっ血して血流が悪くなり、いぼ痔の原因になります。
5、肝臓の働きが弱っていると、門脈にうっ血をおこしていぼ痔の原因になります。
6、ストレスが多い。
7、シャワーですます。
8、血流が悪い・動脈硬化
9、妊娠・出産で腹圧がかかるとうっ血をおこしやすい。

 

痔の養生法

腹八分は医者いらず、腹六分に病なし。和食中心、温野菜、肉より魚、海草・豆類を忘れずに、温かいものを良くかんで食べましょう。
食べすぎを防ぐことが、胃腸を守り、免疫力を高めます。特に夜の食べすぎは厳禁です。

ミネラル豊富な「黒糖きび酢」や「含蜜黒糖」・「黒糖シロップ」を使って、白砂糖はやめましょう。油はオリーブ油やごま油が良いです。古くなった油は絶対だめです。油料理は控えめに。

低体温35度台は免疫低下、アレルギー症状が多発します。冷たい食べ物・飲み物を控えることがとても大切です。また、適度な日光浴と運動は基礎代謝を上げ、体温を適正に保ちます。

お風呂は温冷浴で自律神経を鍛えましょう。乾布摩擦が良い場合もあります。入浴後にバージンオイルや馬油で保護します。

緊張しすぎも、だらけすぎも、自律神経のバランスを乱し、免疫力が低下します。規則正しい生活習慣が大切です。
夜10時から午前2時までは、免疫力アップのゴールデンタイムです。11時までに就寝できると良いです。

 

痔のいろいろ

痔のいろいろ

 

いぼ痔(内痔核・外痔核)
 おしりの血管がうっ血し、いぼ状にふくらみます。いぼが肛門の中にあるものを内痔核、肛門の外にあるものを外痔核といいます。内痔核の場合、排便時に便がいぼをこするので出血が多くなります。外痔核の場合はいぼがふれるので、痛みがあります。

切れ痔(裂肛)
一番の原因は、便秘。いきんでおしりに強い力が加わり、肛門に負担がかかります。その結果、肛門の粘膜が裂けたり、切れたりします。排便時に痛みがあります。
進行して肛門狭窄になれば、手術が必要になります。

あな痔(痔ろう)
 細菌が化のうし、膿(うみ)が肛門内から外にむかって穴をあけていきます。穴の周囲にできものができ痛みます。手術が必要です。

 

痔の漢方薬 浸膏槐角丸(しんこうかいかくがん)

痔の漢方薬 浸膏槐角丸(しんこうかいかくがん)

 

槐角(エンジュの種子)を主薬に6種類の植物生薬で構成された痔の内服薬です。うっ血を取り除く作用、炎症や腫れを除き、痛みをとる作用、止血作用があります。

【医薬品です】 効能・効果:次の症状の緩和:内痔核、外痔核、裂肛、痔出血、痔の痛み

 

血流を良くする  冠元顆粒(かんげんかりゅう)

血流を良くする  冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 

【医薬品です】 効能・効果:中年以降または高血圧傾向のある人の次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸

中年以降の方、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛,頭重,肩こり,めまい,動悸といった症状があらわれます。中国の漢方医学ではこのような状態にある人を「お血症(おけつしょう)」といい、血行を改善するために用いられるのが「活血化お」という方法です。冠元顆粒は丹参をはじめ、せんきゅう,芍薬,紅花,木香,香附子の生薬を原料として作られた中国の薬です。

 

気軽に お問い合わせください。